中学受験入試の日の朝の気持ち|コッコの日記2月6日


中学受験入試の日の朝の気持ち|入試本番の行きの車でも寝れるコッコ

志望校別特訓

中学受験入試の日の朝の気持ちについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

コッコとたぬりの日記~和なごみ~サイト管理人のコッコパパでございます。

この記事では、コッコの日記2月6日の【中学受験入試の日の朝の気持ち】から

  • 中学受験入試の日の朝の気持ち|朝は5時起き
  • 中学受験入試の日の朝の気持ち|到着
  • 中学受験入試の日の朝の気持ち|馬渕教室の仲間

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学受験入試の日の朝の気持ち|朝は5時起き

中学受験入試の日の朝の気持ち

朝は5時起き

夜はすぐにねて、朝は5時に起きました。

そして6時に出発しました。

車の中で、最初はおきていたけど、とちゅうからねてしまいました。

中学受験入試の日の朝の気持ち|到着

中学受験入試の日の朝の気持ち

到着

ついて、馬渕教室の先生の所にいくと一番でした。

先生からは、カイロをもらいました。

まだだれも来ていなくて寒いので、車でまつことにしました。

何分かまつと、車の横を、馬渕のキーホルダーをつけた子がとおっていったので、私もいくことにしました。

馬渕の子が集まる所にいくと、先生しかいませんでした。

「先生に女の子が来ませんでしたか?」

と聞くと、

「まだ誰もきていないよ」

といわれ、私はどうしたんだろう?と思いました。

先生にさっき見かけた子のことを話すと、

「○○さんかも?迷子になっていたらどうしよう?」

と先生も心配そうでした。

中学受験入試の日の朝の気持ち|馬渕教室の仲間

中学受験入試の日の朝の気持ち

馬渕教室の仲間

私と先生はとりあえずまつことにしました。

しばらくすると、馬渕教室の同じ校舎の子が来ました。

さっき見かけた子は違う校舎の子で、この時はまだいませんでした。

先生が時間が来たので、話を始めます。

すると、しばらくしてさっき見かけた子が走ってきました。

どうやら場所が、わからなかったようです。

そして、私たちは先生と親に見送られながら入試会場に向かいました。

この時も、緊張はしていませんでした。

以上が2月6日のコッコの日記です。

1月13日の入試初日の朝のことを書いたようです。

この日は、私も付き添いで行っていましたが、まさか入試当日、しかも初日の行きの車の中でも寝てしまうとはさすがに驚きました。

かなり早めに家を出発しましたので、コッコを入試会場まで見送るまでの時間が長かったのを覚えています。

同じ塾のお子様も居て、一緒に入試会場へ見送る時に、みんながんばれ!と私も声を出してしまいました。

何か我が子だけでなく入試会場へ向かう小学6年生の子の背中と言うものは、子を持つ親にとっては独特の感傷に浸らせてくれます。

それだけで涙腺がピンチであった私でしたが、よくぞこの日までやってこれた・・・コッコは本当に今まで何度も中学受験を母親に辞めさせられるかもしれないピンチに陥ったのに・・・。

と中学受験を目指し始めてから、この日までの様々な思い出が一瞬で沢山脳内を駆け巡りました。

この日の朝から、夜のネットでの合格発表までの1日は私も一生忘れないと思います。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

その他のコッコの日記

馬渕教室志望校別特訓の感想|コッコの日記2月5日

中学受験入試本番試験中の気持ち|コッコの日記2月4日

中学受験の入試本番1月13日の夜合格発表の時の気持ち|コッコの日記2月3日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする