スイミングスクール子供はいつから習うのがベスト?|少し遅い小学3年生次女の体験談


スポンサーリンク
スポンサーリンク

スイミングスクール子供はいつから習うのがベスト?|たぬりの日記スイミング3日目

スイミングスクール子供いつから

スイミングスクール子供はいつから習うのがベスト?たぬりの日記スイミング3日目

三日目は、おとしあなのやつをちょっとして、はしみたいなやつをしました。

わたるところは、あみ目みたいなところで、さいごのところは、とびこむようになっています。

わたしは、顔つけができるけどとびこむのは、はじめてだからちょっとこわかったです。

これをなんかいかして、三日目は終わりです。

三日目のかえりに、カードと先生のメッセージが書いたカードをもらいました。

三日間のたいけんを終えた感想は、すいえいは、こわいけど楽しいと思いました。

以上がたぬりの日記4月4日に書いた、春休み短期水泳教室の内容に感想となります。

やはりたぬりに関しては、水泳を習わせてあげるタイミングとしては少し遅かったのかと思います。

私も初日にはたぬりをスイミングスクールに送って行き、ガラス越しに見ていたのですが、たぬりも日記に書いているように、大きい子の方にクラス分けをされたように、スイミングを始めるタイミングとしてはかなり遅いのかな?と感じました。

長女のコッコは3歳の頃からで、まだ怖いとも怖くないともわからなかったのか1日で水に慣れ2日目からは平気で水に入っていたような記憶があります。

たぬりは4月から3年生になる年ですが、この年になると水を怖がる子の場合は、かなり具体的に深い背の足りない所へ入るとどうなるかなどが、イメージ出来てしまうので、ヘルパーがついていてもやはり恐怖心はあるようですね。

物事も知っているほど怖いと言うのに似ていると思います。

私も、たぬりを車でスイミングスクールへ送っていく初日は、いつもは車の中では1人で色々としゃべったり、しゃべっていなければ歌っているたぬりが、この日は無言でしたので初日はかなり緊張していたのだと思いますが、3日目を終えた後は、楽しかった習いたいと言ってくれたので良かったです。

特に選手コースでするわけでもないので、この年からでも3泳法4泳法くらいまで泳げるようになってくれれば良いなと思っている程度なので、あとは私のアトピーが遺伝してしまったたぬりには少しでも皮膚が強くなってくれればなという願いも込めて、私も水泳は習わせてあげたかったので、やる気になってくれて良かったなと父親としても感じております。

結果としては、スイミングで選手コースを目指すような子は、3歳くらいの頃から週に複数回のトレーニングが必要で早い時期から習うべきでしょうが、泳げるようになることや体力をつけたい目的であれば、たぬりのように小学生の低学年くらいからでも本人がやる気にさえなってくれれば大丈夫なのかな?と感じました。

以上が、4月4日のたぬりの日記からでした。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

その他のたぬりの日記

水泳を習う事について|たぬりの日記3月16日

能開センターの理科実験イベントに参加して|たぬりの日記3月5日

能開センター3年生の第1回目の授業|たぬりの日記3月2日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする